プロが教える「子ども靴」の選び方&履き方。足のサイズに合わないクツはNO! (1/2)

子ども靴の選び方。すぐ合わなくなるからと大きいサイズを買うと、足の成長に良くないばかりか、姿勢も悪くなります。合わないクツはNG!

執筆者: 西村 猛 職業:理学療法士/子どもと姿勢研究所代表/神戸ことばとからだの発達相談室【ゆず】代表
子供の靴を選ぶポイント

こんにちは、理学療法士の西村猛です。

子供さんの靴、足に合うものを選んでいますか?
すぐに大きくなるので大きめのを買っている、という方も多いのではないでしょうか。

ですが、子供の靴はできるだけ足のサイズに合ったものを選ぶようにしましょう。
なぜなら、足に合っていない靴を履き続けると、足の成長に良くないばかりか、姿勢の悪さにもつながってしまう危険性があるからです。

今回は、子供の靴をしっかり選ぶべき理由と選び方、そして正しい履き方についてご紹介します。

 

幼児期からの足作りが大切な理由
幼児の足は、柔らかくて変形しやすい

特に幼児は、足の骨や関節がまだ十分に完成しておらず、柔らかい状態です。


そのため、合わない靴(ブカブカだったり、窮屈だったりするもの)を履き続けていると、成長とともに足の指が曲がってしまったり、偏平足になったりしてしまうというリスクがあります。

 

足が変形している ⇒ 姿勢が悪くなる ⇒ 体調不良

足が変形していると、立った時や歩く時に重心を真っ直ぐに保つことができず、猫背などの悪い姿勢になってしまうことがあります。

そのような悪い姿勢が続けば、膝痛や腰痛、肩こりなどの原因にもなってしまいます。

そうならないためには、幼児期からの足作りが大切で、そのためには足に合った靴を選ぶことが不可欠です。

靴を選ぶ時のポイント

具体的には、次の3つの条件に当てはまる靴を選びましょう。

 

つま先に「適度に」余裕がある靴

つま先に余裕がない靴(窮屈な靴)は、足の指を自由に動かすことができません。

そうなると、立位バランスに重要な役割のあるメカノレセプター(感覚受容器)が発達せず、何もないところですぐに転ぶ原因にもなります。

逆につま先に余裕がありすぎると、靴の中で足が安定せず、立位姿勢が不安定になってしまいます。
さらに指先にしっかり体重が乗らない「浮き指」になったり、小指が親指側に歪んでくる「内反小指」になったりしてしまうこともあります。

 


これらのことから、窮屈過ぎず、ブカブカ過ぎず、つま先に少し余裕のある靴(5mm~1cm程度まで)を選ぶようにしましょう。


靴を選ぶ時に、靴の中敷きを取り出して、子供さんの足に合わせてみると良いでしょう。

足にフィットする靴

できるだけ足にピッタリと密着させることができる靴が良いです。

紐靴、またはマジックベルトの靴なら、足にフィットさせやすいでしょう。

またフィッティングにおいて特に重要なのは、甲の部分です。

ベルトや紐をしっかり締めても、甲の部分がフィットしない靴は避けたほうが良いでしょう。

踵が硬い素材の靴

靴の踵が当たる後ろ側の部分(月形と呼ばれます)が硬いほうが、足は疲れにくいです。
踵の部分が柔らかい靴は、避けましょう。

また上記の理由から、靴の踵は絶対に踏まないようにしましょう。

 

靴を履くときのポイント

靴を履く時、何より大事なのは、「足が靴の中でしっかりと固定されること」です。

そのためには、以下のような手順で履くとよいでしょう。

1. はじめに紐やベルトを緩めておきます。

 

2. 足を差し入れたら、踵を合わせます。

踵をトントンしても良いでしょう。

なお、よくやりがちな、つま先をトントンして履くのは、逆効果なのでやめましょう。

3. その状態で紐やベルトをしっかり締めます。

なお、一番足首に近い部分は、特にしっかりと締めます。

 

4. 足の指先が靴の先に当たらず、曲げ伸ばしできるだけの余裕があることを確認します。

子供さんに、自分でつま先の曲げ伸ばしが出来るか確認しましょう。

 

紐靴を履く場合の注意点

なお、紐靴の場合は面倒なので、つい紐を結んだままにしがちです。

ですが、その状態では、足が靴の中でしっかりとは固定されません。

 

手間はかかりますが、紐は履く都度しっかりと締め直すようにしましょう。

面倒であったりして、毎回するのが難しい場合は、マジックベルトの靴に変えてしまうのもよいでしょう。

 
 コラムニスト情報
西村 猛
性別:男性  |   職業:理学療法士/子どもと姿勢研究所代表/神戸ことばとからだの発達相談室【ゆず】代表

■子どもと姿勢研究所代表。
子供の姿勢や体の発達の仕組みや取組方法について、医学的視点をもとに、どなたにも分かりやすくをモットーに情報発信しています。保育士さん向け情報も。姿勢や体作りに関する講師依頼もお受けしています。
http://kodomotoshisei.kokage.cc

■神戸ことばとからだの発達相談室【ゆず】代表
言葉や体の発達に不安があるお子さんとママさんのための相談室です。
言語聴覚士や理学療法士といった、国家資格を持つスタッフがお子さんの発達を評価し、必要に応じて個別レッスンをするスタイルの教室を運営しています。
http://yuzu-kobe.jp

■「ムズカシイ医療の話を分かりやすく伝える」がモットーです。
こちらのコラムでは姿勢や動作のプロとして、身体のこと、健康のこと、姿勢のことなどについて「そうだったんだ」、「それは知らなかった」などあなたの日常に役立てていただけるようなコラム記事を書いていきたいと思います。
あなたが「普通」と思っていたことが「実は少し違っていた!」というお話が、きっとそしてたくさん出てくると思います。

■業務における講師活動
・武庫川女子大学文学部心理・社会福祉学科「リハビリテーションと障害について」(平成22年~平成25年、27年 フィールドインストラクター講義)
・高齢者への健康教室、生活介護施設での介護方法などの指導、小学校における車いす啓発、その他。

■取材・出演依頼
・関西テレビ「ANCHOR」:けん玉が体に及ぼす効果について
・テレビ朝日「中居正広のミになる図書館」:ストレッチの効果について
・スポーツをする子どもを応援するフリーマガジン「Spody α」:「体幹はカラダの基本」ページ記事
・その他(雑誌などのライターさんからの取材等)

■日本うんこ学会所属

 

 生活のコラム

 健康・医療のコラム

 育児・子育てのコラム