「プールの水は汚い」を徹底分析!塩素や感染症から目を守る3つのルール (1/2)

プールで感染しやすい目の病気の予防方法について。消毒殺菌に使われている塩素の、あの独特の匂いや刺激の正体も解説。

執筆者: 中根 千恵 職業:眼科検査技師/サービス介助士/食育インストラクター/メイクセラピスト/Webライター、コラムニスト
「プールの水は目に悪い」って本当?

こんにちは、眼科検査技師の中根千恵です。

 

今回は、プールから感染する可能性がある眼疾患、予防策、消毒殺菌に使われている塩素についてお伝えしたいと思います。

 

 

プールでかかりやすい目の病気とは

プールでかかりやすい目の病気のうち代表的なものは、次の3つです。

 

  • プール熱
  • 流行性角結膜炎(アデノウイルス結膜炎)
  • 塩素の濃度によるアレルギー性結膜炎

 

プールの消毒殺菌に使用されている「塩素系消毒剤」とは

塩素系消毒剤は、水に溶けると「次亜塩素酸(遊離塩素)」が生じる薬品です。

これが、プール水を消毒・殺菌してくれます。

 

プールの衛生基準として、遊離塩素濃度が決められている

プールでは、遊離塩素濃度を一定時間ごとに測定し、0.4〜10ppmに保たなければいけない決まりがあります。

 

水道水にも塩素は含まれている

感染症を防ぐために、水道水にも塩素は含まれています。

 

水道水の法律では、「遊離塩素が0.1ppm以上」が下限と定められています。

一方、上限に規定はありません。

ですので、地域によっては2ppmほどの高濃度の水道水もあります。

 

プールの水も水道水も、含まれている塩素濃度はほぼ同じ

ここで、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、実は、プールの塩素濃度は水道水とほぼ変わらないのです。

 

ただ、ふだん水道水を飲んで、プール水のような匂いや、強い刺激を感じることはないですよね。
なぜ水道水はプールほど塩素臭くなく、眼や皮膚に炎症が起きないのでしょうか?

 

 

プールの刺激は、塩素濃度のせいじゃない!

残留塩素の種類には、「遊離塩素」と「結合塩素」の2種類があります。

 

プール特有の刺激の正体は「結合塩素(クロラミン)」

上でお話しした通り、「次亜塩素酸(遊離塩素)」は、塩素系消毒剤が水に溶けると発生します。

この遊離塩素が、ある何かと反応すると、「結合塩素(クロラミン)」という物質が生成されます。

 

このクロラミンが、皮膚、目、呼吸における刺激や痛みとともに、不快な臭いのもととなるのです。

 

では、遊離塩素が何と反応しているかというと、汗や尿中の尿素が加水分解されて発生するアンモニアです。

プールは、多くの人が利用します。

すると当然、汗・身体の汚れ・尿・などがプールの水に溶けているのです。

 

結合塩素は、消毒効果は低く、刺激は強い

「結合塩素」は、消毒効果は低く、遊離塩素の1/350程度です。

ですが、「遊離塩素」と比べると刺激が強く、アトピー性皮膚炎などはプールの「結合塩素の濃度」と関連性があるという報告もあります。

 

つまり、プールに人が入って水が汚れることで、「遊離塩素」が結合して「クロラミン(結合塩素)」を生成すると、プール内に細菌やウイルスがいなくても消毒効果が落ち、かつ身体への刺激が強くなるということです。

 

塩素や感染症から眼を保護するためには?

次の3点を守るよう心がけてください。

 
 コラムニスト情報
中根 千恵
性別:女性  |   現在地:東京都  |   職業:眼科検査技師/サービス介助士/食育インストラクター/メイクセラピスト/Webライター、コラムニスト

様々な資格・経験・知識を活かしてWebライター、コラムニストをしております。
購読して頂いた方々へ、ほんの少しでもお役に立てる内容を提供できる書き手で在りたいと思っております。
宜しくお願い致します。

【資格】
・眼科検査技師
・サービス介助士
・食育インストラクター
・メイクセラピスト

【他社Webサイト記事一例】
◆http://gippy.jp/writer/18

◆https://myreco.me/u/17462553567280758789

◆http://purelamo.com/author/chie

◆http://beauty.yahoo.co.jp/search?q=中根千恵

◆http://wooris.jp/?s=中根千恵&submit=検索

◆http://googirl.jp/entame-2/160515power001/

◆http://bimens.com/author/chie

◆http://woman.excite.co.jp/article/中根千恵/

【Facebook】
https://m.facebook.com/anank.chi?ref=bookmarks

 

 健康・医療のコラム

 育児・子育てのコラム